obakezukan logo
    

 河童 

オバケ度…80%
特定状況で「出る」  ○ 相手無差別に「出る」  ○
会話は不可 × 独自の論理   ○
異形の姿   ○

河童は酒飲みである

河童は川に住み、川遊びをしている人の尻子玉を抜き溺死させる。キュウリを好む。酒呑みである。大人の河童は色っぽい。相撲を取りたがる。頭はよくないかもしれないが、邪悪なことを考えているかもしれないので、注意が必要である。頭の上にお皿のような毛のない部分があり、そこに水がたまっていないと力が入らない。姿は人間に似ているが、背中に亀のものに似た甲羅を背負っている場合がある。手足の指の間に水掻きがあり、これが河童が水泳の得意な理由である。河童の泳法は平泳ぎだと思う。鼻がなく、穴だけ点々とあいていることもあるし、唇がなく若干カエルに似た顔のこともある。肌は青っぽいが水分豊富ですべすべ だ。さわったら冷たいかもしれない…。




このあたりが私の考える河童の性質だ。私は東京出身で近所に河童の出そうな川はない。子供の頃に大人が河童の話をするのなど聞いたことがないはずだ。だから、上に書いたことは、昔話やテレビに出た河童の印象が一緒くたになったものと思われる。

尻子玉というのは、肛門にあると考えられていた玉で、取られると身体に力が入らなくなるというものだ。そんなものは当然見たことがないし「河童が取る」という以外の場面で名前を聞いたこともない。想像するに、ピンポン玉くらいの大きさで、肌色のつるりとした玉だろうか。

キュウリを好むイメージは、東海漬物の「きゅうりのキューちゃん」の漬け物のコマーシャルが出所に決まっている。酒を好むとか大人の河童が色っぽいというのは、まず間違いなく小島功の絵を使った「黄桜」の宣伝のせいだろう。相撲と頭の皿は昔話からもらったイメージだという気がする。

♪かりぱっぱ、ぽりぽっぽ、きゅうりのキューちゃん♪
にしろ
♪かっぱっぱ、るんぱっぱ、かっぱ黄桜かったった♪
にしろ、何年たっても覚えている。コマーシャルの力はつくづくすごい。


<蛇足>
黄桜のページには、昔の「かっぱっぱ」のコマーシャルが展示してある。時代と共に変る河童の生活が楽しい。小島功のカッパのカレンダーもある。

http://www.kizakura.co.jp


©2006 Mieko Mochizuki Swartz. All rights reserved.