obakezukan logo
    

よみもの

「おばけずかん」をはじめたばかりのころ、おばけのことを考えるのがうれしくて、誰と会ってもおばけの話ばかりしていた。

ああだこうだとやってるうちに、突拍子もない方向へ題材が転がり、大胆な説ができあがったことも一度や二度ではない。ここに紹介した中の聊斎志異の話は、まさにそうやって、酒の肴として組み立てられたものだ。そのうち「おばけの話題は、頭を柔軟にする体操として非常に有効である」という説も出た。私は今でもそう信じている。

おばけの話は、メールをくれた読者ともずいぶんした。

家族や友人に聞きました、と遭遇談を送ってくれる読者がたくさんいた。おばけの話には、いつも土地や時代のにおいがついている。どんなものでも興味深かった。

絵柄のせいか若い読者も多かった。

小学生が「おもしろかったです」と感想を書いてくれたり、中学生が「夏休みの宿題の題材にしたいのでヒントをください」と便りをくれたりした。高校生に日本語を教えているという外国の先生から、教材にしたいから、教育に悪い部分を削除してくれないか、という依頼があったりもした。(それで、削除したのかって? しません。するものですか。)

日本中、世界中の人が、私の趣味につきあってくれたことになる。わー。どうもありがとうございます! 





おばけの条件

おばけ度チェック!

シンジル、シンジナイ…

おばけと幽霊

ひゅードロドロ

ハイブリッド生物のパワー

聊斎志異を読む 1
聊斎志異を読む 2

消える乗客

怪談 牡丹燈籠を読む


©2006 Mieko Mochizuki Swartz. All rights reserved.